INTERVIEW 02

お客様の立場にたった

開発ができるように

PROGRAMMER
開発部

私の仕事内容

建築業界のデジタル化のためのアプリケーション開発

建築業界向けのパッケージソフトの開発及びパッケージソフトのカスタマイズ、新商品開発を行っております。プログラムだけではなく開発する上で必要となる情報の収集や仕様検討は積極的に参加するようにし、お客様の立場にたった開発ができるよう心がけています。

この会社の良いところ

ユーザーの求めることを満たすための手段は自分自身で考えることができる

営業がヒヤリングしてきた対応項目の仕様は打合せで決まりますが、どのような操作性でどのような機能するかは開発担当者が決めることができます。
言われたまま作成するのではなく、自分で判断・相談しながら対応を進めていくことができます。

やりがいを感じた事

自分の作成したものが社会で使用され感謝され達成感を感じることができる

サポートセンターが隣にあり、実際に使っている人からの意見をリアルタイムに聞くことができます。また、月1回の会議でソフト導入後の運用率がよかったりすると役に立っているということを実感することができます。
勉強会や技術雑誌を読み、それを開発メンバーで共有することで、今まで時間がかかっていた開発が短時間で行えるようになったときに、知識や技術の向上を感じることができます。

私が新入社員だったころ

それぞれの部門がモジュールとなって、サンユーが成り立っている

パッケージソフトの開発にあたって、仕様の追加・変更を長期にわたりメンテナンスするため、モジュール化を推進しています。理由は、新しい機能やソフトウェアを作る場合でも、開発したモジュールを組み合わせることで、なるべく短い開発期間でお客様のニーズに合った開発が出来るためです。
サンユーでいうと、サポート、開発、営業のそれぞれが独立したモジュールであり、プロジェクト毎に最適な組み合わせで効率よく仕事を行うことが出来ます。


OTHER INTERVIEW


RECRUIT INDEX