カスタマイズ実績
CUSTOMIZE

カスタマイズ事例を紹介します。上記で紹介したソフトは、広くご利用いただける製品(パッケージソフト)です。
ご要望があれば、お客様個別に合わせてカスタマイズを行っています。また、市場に応じて社内の提案から生まれるカスタマイズ製品もあります。

巡回点検システム

  • 例えば集合住宅では、管理業者の方が定期的に点検、掃除をされていますが、その業務は、従来は紙のチェックシート、筆記用具、デジカメを使用して行われるのが一般的でした。
    それを、タブレット一つを片手に、現場に向かう事を可能にしたのが本製品です。
    点検現場の写真を端末で撮影して送信すると、パソコン側では送った写真が自動的に報告書の形式になります。事務所に戻ってから行う報告書作成の時間も大幅に短縮出来ます。
    このように、定期的に巡回点検を行う業務にご活用いただけます。
    最近では、大規模な太陽光発電システムの保守点検を行うO&M(オペレーション・メンテナンス)のニーズが高まっていることを受け、
    専用の点検支援システムを開発しました。点検現場の写真を端末で撮影し、点検結果を送信。パソコン側で、送った写真が自動的に報告書の形式になります。営業段階の見積書作成も可能です。


タブレットを活用した「自主点検ツール」

  • 建築現場では工事の進捗に合わせてその都度点検を実施しており、その点検に基づいて工事業者に修正依頼をし、
    品質の確保をします。現状のチェック方法では、図面や専用用紙に記入しますが、「自主点検ツール」を使用していただくと、
    現場で必要な資料は全てタブレットの中に取り込むことが出来ます。点検業務も指一本で行えます。
    現場でタブレットに読み込まれた図面を見ながら、直接タップでマーカーの配置やテキストでの書き込みをします。マーカーにはメモや写真を貼り付けることも可能です。
    タブレットでチェックしたマーカー情報を「自主点検報告書」として出力することができます。従来の点検業務に比べ、進捗や結果を管理・共有しやすく、資料がかさばることもありません。


施工現場ごとの資料を一括管理するクラウドツール

  • クラウド上に、現場ごとの情報を一括保存して管理できるシステムです。 今までは大量の図面やカタログ等を現場に持ち込まれていましたが、クラウドに一括保存することで、身軽なまま現場へ向かっていただけるようになりました。また、いざ現場に行った際、「手元に確認したい図面がない!」という事態を防ぐことが出来ます。
    現場 の写真を撮影すると、ほぼ同時にPC側でも表示されるので、現場の状況をリアルタイムで事務所内のメンバーに確認してもらうことができます。
    納まりの確認や材料が足りない状況を写真付きで連絡でき、またその写真にタグをつけて物件フォルダに格納しておくことで、後々確認することができます。
    これまでは納まりの確認や材料が足りない場合にメール ・ LINE ・ 電話等で連絡しており、やり取りが煩雑になり管理もできていませんでした。
    クラウドツールを使うと物件ごとにメッセージや写真をやり取りする機能があり、それらを一本化できる上、履歴も残りますので安心してお使い頂けます。